FXのチャートでトレンドを理解する

FXのチャートでトレンドを理解する

FXの基本は、まずチャートを見てトレンドを知ることです。

チャートというのは、過去の相場をグラフにしたものですが、1年、5年、10年のチャートを見ると、上に行ったり、下に行ったりと、数ヶ月単位で流れが変化していることがわかります。

この流れをトレンドと言います。

トレンドというのは、通常数ヶ月間は続きますので、そのトレンドに素直に従えば利益をあげることができます。

特に中長期トレンドで運用する場合は、日々の相場にあまり捕らわれずに、トレンドを見極めながら長い目でゆったりと売買することが大切になってきます。

上昇トレンドを形成しているなら、買いでスタートし下降トレンドに変わるときに売ると利益が出ます。
逆に下降トレンドを形成しているときは、売りでスタートし上昇トレンドに転じるとき買い戻すことで利益をあげることができます。

問題なのは、トレンドが変わるそのタイミングを見極めることが難しいということです。

「だまし」と言って、一旦トレンドが変わったかのように思えても、再び元のトレンドが継続されることもしばしばあります。

このような「だまし」に引っかからないためには、ある程度損失をだしたとしても、余裕を持って取り引きすることです。

最安値で買い、最高値で売ることができれば一番利益が出るわけですが、完全にトレンドが変わったと確認できるまでは待つのです。

多少の利益を失いますが間違いがありません。

「頭と尻尾はくれてやる」というくらいの気持ちで売買することが大切なのです。