FX初心者はまずロスカット(損切り)を心得よ!

FX初心者はまずロスカット(損切り)を心得よ!

FXの初心者が心得る必要があるのは、大損する可能性があるということです。

誰も損をするために投資を始める人はいません。
儲かることを期待して始めます。

しかし、投資には必ずリスクが伴いますし、特に初心者は大損する場合が少なくないのです。
それはベテランのようにロスカットができないからです。

ロスカットというのは、損失を確定することを言いますが、取り返しがつかなくなるほどの大きな損失を出さないために、そうなる前の段階で、強制的に取引を終了させる値を設定しておくのです。

もし、相場が予想した通りの動きを示せば、ロスカットは関係がなく、どんどん利益を生み出していきますが、しかし、逆の方向に動いたときは、指定した価格に到達した時点で自動的に売買取引を終了になります。

これにより少ない損失ですみ、再び新しい取引をスタートできます。

ベテランはうまくロスカットを設定することで、小さく負けても、大きく勝つことを繰り返すことで利益を積み重ねていきます。
しかし、初心者には損失を確定させることが難しいのです。

人間心理として損をすることが分かっていて取引を終了させるのは、あまり気分の良いものではありません。
これから先、相場が変わるかもしれないと考えたくなるからです。

しかし、ロスカットせずそのままずるずる取引を続けると、ますます損失が膨らんで、修復できないほどのダメージを受けるかもしれないのです。

だから、FXを始めるなら、まずはこのロスカットを覚えることが大切です。